HOME>注目記事>導入を検討する企業に対してさまざまなサポートを行うサービス事業が存在

普通の医師とは違う仕組み

医者と看護師

一般的な医療機関で診療を行う場合はあくまでも医師と呼ばれますが、企業に属して従業員の健康管理をメインとした医療を行う医師のことは産業医と言います。労働安全衛生法によって一定規模以上の企業には産業医の選任が義務付けられているとあって、普通の医師とは違う仕組みとなっているのが特徴です。産業医を求める企業に対して、メディカル面におけるアウトソーシング事業を行う会社が、産業医を紹介するという新しいサービスが生まれています。企業は従業員の健康管理を筆頭に健康状態の底上げをしたり、健康管理によって職場及び企業内の労働環境を良くできるというメリットを手に入れられるとあって、産業医の存在は不可欠です。

企業に招いたときにかかる金銭面での負担

院内

産業医の専任については、金銭面での相場や求める条件でどの程度の費用がかかるかなどを検討して、企業側で決めることができます。勤務形態は専属と嘱託のいずれかとなり、従業員の数や有害業務に従事する人数によって専属か嘱託かが変わり、さらに医師の人数も変わってくるのが特徴です。従業員が50人以上になると産業医が必要ですが、999人以下なら嘱託医師を選んで紹介してもらえば、月に数回、数時間といった形で勤務してもらえるために金銭面の負担は軽くなるため、産業医を雇用する際の費用相場は会社の規模と直結します。

アウトソーシングを利用して探すのがいい

看護師

産業医の仕事は基本的に従業員の健康管理と、職場の中で起こりうる事象から健康被害を起こした場合に、適切な対応をとってもらうことです。したがって、こうした状況に高いスキルで対応できる人材を探さなければなりません。企業が独自に優れた産業医を探すのは非常に困難なことから、事業所の規模に合った適切な産業医を紹介してくれる、メディカルに強いアウトソーシングサービス会社を通して探すのが、最も簡単かつ効率の良い方法と言えます。その際にはすでに利用している企業を参考に、良い医師を送り込んでくれたとして評判の良い会社を選ぶことが不可欠です。