HOME>ホットトピックス>現代社会で大きな問題となっているメンタルヘルスに対応

職場環境を良好にする取り組み

医者と患者

仕事をする上で、社員が働く環境は非常に大切です。良い環境が整っていれば、精神的にも落ち着いて仕事に励むことができます。そのような良好な環境にするべく紹介を受けてやってくるのが産業医で、定期的に職場環境の視察などを行います。

心の不調を感じたときには

医者

職場環境の悪化が改善されない場合、会社に出勤するだけでストレスを感じてしまう人も少なくありません。改善されないままの状態が続くことで体調不良を抱えたときは、企業側から社員に対してメンタルヘルスに詳しい産業医を紹介しています。

上司が部下の変化に気付くことも

カウンセリング

多くの部下を抱える上司にとって、社員同士の関係性が分からないこともあるでしょう。同僚同士の競争や先輩からのいじめなど、悩みを抱えている部下が複数いることも考えられます。部下の管理は上司が担う重要な仕事で、よく観察してみると体調が悪そうな社員がいたというケースもよくあります。近年は上司から部下のメンタルヘルスを頼まれる産業医が増えており、紹介されて相談に行った部下が元気を取り戻すことも少なくありません。

休職などの相談にも乗ってもらえる

看護師

紹介された社員が相談に来た場合、まずは産業医によるストレスチェックが行われます。そしてこれ以上勤務するのが難しい状態にあると産業医が判断した場合、休職するようすすめることがあります。休職する際に必要なことや、休職後の職場復帰を見越した相談に乗ってもらうことも可能です。